Our Vision

私たちは、東京から千葉県いすみ市に移り住んだ移住者です。

都会暮らしを経て、世の中の矛盾を感じてしまった私たちは、いなかに新しい可能性を感じ移り住みました。

まずは自分たちができることからはじめようと、古民家を活用したシェアハウス「星空の家」を立ち上げたのは2012年のこと。

いなかで暮らし働くことで、いなかの良さを知り、また改めて都会のよさにも気づくことができました。
どちらがいいとか、悪いとかではなく、それぞれに良さがある。
そして、それぞれの良さを掛け合わせると、まったく新しいコトが生まれてく。

そう気づいた私たちは、「今あるもので、まだないコトを」をコンセプトに掲げ、
人、モノ、コトをつなぐ活動を始めました。

今では、民間図書館「星空の小さな図書館」、「星空スペース」など、自ら拠点をもち運営するだけではなく、
場づくり、コラボイベント、情報発信や業務の仕組みづくりのお手伝い、
また、ここで新しい暮らしや仕事をはじめたい人の支援など「伴走者」としての役割を担う活動もしています。

パズルのピースをはめるように、必要とされていることを必要としている人の元へつなげたい。
都会といなかをつなぎ、ひとりひとりが望む、仕事と暮らしが見つけられるように、
そんなきっかけを提供していきたい。

一人ひとりの中に眠る小さな星がいつか大きく輝く星となりますように。
そんな想いをこめて、社名をstarlet(小さな星)と名づけました。

私たちは、房総いすみより、
ひとりひとりが自分らしい「しごと」と「くらし」を見つけるきっかけづくりを支援します。

株式会社スターレット 共同代表 三星 千絵 三星 良樹