月刊 ホシゾラ通信 12月の振り返り

月に一度、株式会社スターレットが発行するお知らせ。1ヶ月の弊社の事業をまとめてお伝えします。

シェアハウス 空き家活用/管理事業

冬の寒さが厳しくなってきました。シェアハウスのリビングにも囲炉裏が登場。クリスマス会や忘年会、友人たちが集う時間も多くなってきました。

今年も無事に、11回目の年越しを迎えることができました。

ブック・ライブラリー事業

久しぶりに 仕事旅行 現地体験を受け入れました。

参加された方がレポートを書いてくださいました。

note(ノート)
「小さな民間図書館の館長になる旅」の記録。|TATA はじめに 旅するような感覚で憧れの仕事を体験するサービス「仕事旅行」を知っていますか。今回、ふとしたことで見つけた「小さな民間図書館の館長になる旅」に参加してき...

短い時間ではあったものの、色々と気づきがあったようで、うれしい限りです。現地に行って触れてみないとわからないことも多い。図書館は例年通り2月は冬休みを頂きますが、暖かくなった3月ごろから、また積極的に受け入れをしていきたいと思います。

星空の小さな図書館は、12月22日に9周年を迎えました。図書館に来たお子さんが「私と同じ年だね」と言っていたのがとても印象的でした。

毎月恒例のイベントとなった、大原古本市。

こちらのイベントにも出店していた、ホットサンドでおなじみ「LIVInG HAPPILY」が、太東海岸そばに、カフェをオープンしました。

店内には、い鉄ブックスの本のコーナーを設置。カフェでゆっくり過ごしながら本を楽しまれる方も多いようです。本は、購入もできます。「小さな本屋」の可能性を広げていきたいと思います。

イベントサポート/事務局サービス 事業

毎年恒例のお餅つきを、結農園と一緒に開催しました。

当日は、毎年参加してくださる方はもちろんのこと、星空スクールに参加している子どもたちも来てくれました。

この冬は、星空スクールをお休みしたため、お餅つきを楽しみにしていた子どもも多かったよう。

バイオリンの音色に合わせてにぎやかなお餅つきとなりました。

1月の予定》
1月は株主総会があります。前期をしっかりと振り返りつつ、先を見据た計画を立て、実行していくためにはどうしたらよいか。しっかりと考えなければならない節目の月です。春に向けて様々な動きも出てきました。新しいイベントやプロジェクトも動き出しそうです。忙しくなりそうですが、一つずつしっかりと進んでいきたいと思います。

あとがき
星空の小さな図書館は9周年を迎えました。個人で図書館ができるものなのか、と、不安も抱えながらオープンを迎えたことが昨日のことのようです。日々、決して多くの人が訪れる訳ではないけれど、カウンターに座って過ごしているだけで、この場所があってよかったと、そう、思います。たくさんの出会いを運んできてくれました。新しい仕事のご縁もありました。明日へのモチベーションを運んできてくれる小さな出来事がたくさん起こるこの場所を、これからも大事にしていきたいと思います。

代表ブログはこちら。房総いすみでローカルに暮らし働く。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次